熱帯魚・淡水魚

【アクアリウム】アクアリウムを始めるために必要な機材を揃えよう

アクアリウムは手軽に自宅で魚達の暮らしを覗くことが出来る最高の趣味です。

魚の美しさ、ワイルドさを存分に味わえ最高の癒しを感じることが出来ます。

しかし、水槽という限られた四角い箱の中で大自然を再現するのは少しコツが必要です。

そこで、魚達の生活を再現するためにまず、初心者が揃えるべき設備に付いてお話ししたいと思います。
初心者の方でも迷わず「アクアリウムに必要なもの」を揃えることが出来る内容です。

皆様の参考になれば幸いです。

アクアリウムに必要なものとは

アクアリウムに必要なもの

1.水槽
2.ろ過装置
3.ライト
4.フタ
5.ヒーター

アクアリウムとは水槽の中で自然を再現する趣味だと理解して下さい。

自然界では魚が出した有害な排泄物をバクテリアが分解しています。
このバクテリアの存在がキーポイントとなります。

しっかりバクテリアを増殖させることが出来る設備を買い揃える必要があるのです。

アクアリウムが難しいと言われるのはここを理解していない方が多いからです。

まず、アクアリウムを始めるために必要な設備はたった5つだけ。

水槽、ろ過装置、ライト、フタ、ヒーターだけあれば誰でも気軽にアクアリウムを楽しむことが出来ます。

アクアリウムに必要なもの①  水槽について

アクアリウムで使用される水槽は2つの材質から出来ています。

ガラス製とアクリル製です。
一般的に売られている水槽がガラス製です。
サイズも豊富で安価ですから初心者にはこちらをお勧めします。

アクリル水槽は傷が付きやすい難点がありますが衝撃に強いのが特徴です。
重量が軽く加工しやすいので大型魚飼育に用いられます。

サイズに関しては30㎝~90㎝の水槽を用いるのが一般的です。
小さい水槽はコンパクトで可愛いですがその分、水量が少なくなります。

アクアリウムでは水が汚れると定期的な水の交換が必要です。
水量が多いほどずぼらな管理が出来ますし水質も安定します。

その為、初心者は45㎝か60㎝水槽を選ぶとよいでしょう。

こちらもおすすめ!アクアリウムが趣味の芸能人の方々

アクアリウムに必要なもの②  ろ過装置について

アクアリウムを始めるうえで最も重要な設備です。
簡単に言えば水をろ過して綺麗にする装置です。
酸素を供給する役割も兼ねています。

大きなゴミを物理的に取り除いて水槽を綺麗にしてくれます。

また、ろ過装置の中で増殖したバクテリアが生物的に排泄物を分解する役割もあるのです。
特にバクテリアの分解はアクアリウムにおいて非常に大切です。
自然界で魚の糞が貯まらないのはこのバクテリアが分解してくれているからなのです。
ろ過装置の容量とバクテリアの量は比例します。

ろ過装置が大きいほど水がキレイになり水質が安定します。
その為、出来るだけ大きなろ過装置を選ぶようにしてください。
投げ込み式、外掛けフィルター、上部式など様々なろ過装置が売られています。

それぞれ、環境や魚の種類によって使い分けるのですが初心者にお勧めなのは上部式です。
水槽の上にろ過装置を乗せるので場所を取りません。
メンテナンスも簡単です。
何より濾過能力が高くコスパ良いので初心者だけでなくベテランの方も愛用しています。

アクアリウムに必要なもの③ ライトについて

優雅に泳ぐ魚の姿を楽しむためにはライトの設置をお勧めします。
水草をレイアウトする事も出来ますからより水槽の中が華やかになります。

無くてもアクアリウムを始めることが出来ますが有った方が便利です。

初心者の方にライトの設置をお勧めするのは上記以外にもう一つ理由があります。
それは病気の発見が早くなる事です。
ライトに照らされた魚ははっきり体表を観察できます。
熱帯魚の病気として有名な白点病や水カビ病を早期発見できるメリットがあるのです。

最近は小型でLEDのライトが主流になっています。
後からでも追加購入する事も可能です。

アクアリウムに必要なもの④ フタについて

元気な魚は勢い余って水から飛び出してしまう事があります。
特に水面を泳ぐ魚は要注意です。
その為、フタも必ず買い揃えて下さい。
水が跳ねるのを防止する役割も果たしてくれます。

ライトを設置しても跳ねた水で錆びる事がありません。

フタはガラス製、プラスチック製の2種類が売られています。

上部ろ過装置を使用する場合は水槽の半面だけを覆う形になります。

蓋を支える部分が水槽の全面、左右の3か所だけですからたわみのないガラス製をお勧めします。

水槽に合わせたサイズのガラスフタが簡単に手に入るはずです。

アクアリウムに必要なもの⑤ ヒーターについて

サーモスタットとセットで水温の調整を行います。
温める機能だけで水を冷やすことは出来ません。

アクアリウムで熱帯魚を飼育する人は必ず必要になります。
また、熱帯魚でなくても冬場の水温安定に繋がりますから設置をお勧めします。
魚は水温の急変に弱いです。

1日のうちに何度も水温が上下すると病気に掛かりやすくなります。

アクアリウムに必要なもの⑥ その他

他にも水替えをするホースやバケツが有れば普段の水替えが楽になります。
特に砂利を敷いたりレイアウトを組んだ水槽では細かい場所にゴミが溜まります。

水替え用ホースが有れば掃除も簡単ですからお勧めです。

また、初心者の方は魚が病気になった時に魚を隔離する設備まで用意していないと思います。その為、早期発見&早期治療が必要です。

感染力が強く誰もが経験するのが白点病です。
魚の体表に塩を振ったような白いツブが付くのですぐに判ります。
この病気が発生すると全滅の恐れがあるのでグリーンFなどの薬を常備してくと便利です。

こちらもおすすめ!綺麗なアクアリウムを作るためのおすすめ水草5選

最後に・・・

アクアリウムは、必要なものさえ揃えれば、初心者でも手軽に楽しむことができますので、まずは飼いたい魚を考えてアクアリウムを楽しんでみましょう。

砂利の色や水草の配置を工夫してあなただけのアクアリウムを作りましょう。

アクアリウムは何とも言えない癒し効果を得ることが出来ます。

疲れた日にぼーっと水槽を眺めるだけで現実逃避できます。

奥が深くて一生付き合える趣味ですからぜひ、アクアリウムの世界を覗いてみて下さい。