熱帯魚・淡水魚

【アクアリウム】小さくて口下の髭が可愛い掃除屋、『コリドラス・ステルバイ』を飼育しよう。

コリドラス・ステルバイは飼育がしやすく温和な性格をしています。

小型のナマズの仲間で、シュッと延びた背びれとずんぐりむっくりの体型、グレーの身体に白いスポットが特徴になります。

餌を探して底砂を掘ってみたり流木や石の上でぼーっと佇んでみたり、時にはゆったり中層を泳いでみせたり。

愛嬌のある顔と口下の髭が相まって見ているととても癒やされる熱帯魚です。

初心者の方でも比較的に飼育しやすい魚なのでぜひ挑戦してみてください。

コリドラスについて

コリドラスは、ナマズ目カリクティス科に分類される熱帯魚です。

言葉の由来は、ギリシャ語からきており、意味は「ヘルメットのように硬い」になります。
その名前は通り、硬度のある皮膚と立派なヒゲが特徴です。

このヒゲを使用して、水の底にある食べ残しのえさを察知し食べることに長けている為、「水底のダイソン」などとも呼ばれています。

コリドラスはステルバイ以外にもたくさんの種類がいます。

100種類以上を超える大小・柄様々な種類がいて、めったにお目にかかれないようなマニアの間でしか取引されていないレアな固体や、一般的に普及している個体などもいてみているだけで楽しいです。

日頃は、水槽の下の方でじっとしておりぼーっとしている表情が何を考えているのかわからずまぬけな感じで癒されるところも魅力です。

水質や環境にも適合しやすく穏やかで、ほかの魚と混泳しても喧嘩しない魚です。

餌を食べるときや、何かの拍子にふと俊敏な動きをするので実はすばしっこい魚です。

体長は3cmから10cmぐらいで、寿命は3年から5年と言われています。

価格も100円から5,000円ぐらいと、決して高くないので、飼いやすいです。

水温は22度から28度ぐらいが良く、そこまで飼育何度も高くありません。
また増殖も他の熱帯魚と比べて、難しくない為、飼育経験が少ない方でもオススメです。

こちらもおすすめ!魚のいない水草水槽も魅力的。初心者にお勧めする水草3選

コリドラスの種類について

ステルバイ以外の種類について簡単に紹介しますと、熱帯魚ショップなどで見られる種類は点々の模様がきれいなコリドラスジュリーやコリドラスステルバイ。

青コリや赤コリ、またパンダのように白黒の模様がかわいいコリドラス・パンダとがっているようなヒレと大きさがかっこいいコリドラスシュワルツィなどがいます。

珍しい種類ですとべレズエラ・ブラックやイルミネータス・ゴールドなどめったに売られていない希少価値の高いものもいます。

コリドラスの中でも、ステルバイ以外で私が特に好きな4種類を紹介致します。

①コリドラス・ピグミー

コリドラスの中でも、非常に小さい種で、ヒラヒラと素早く泳ぐ姿が印象的です。他魚に対しても、とても友好的で、同じ水槽で飼っても縄張り意識などがない為、非常に飼いやすい種類になります。

オスとメスの見分け方は、メスの方がオスよりも大きく、ふくらんだ形になっています。
飼いやすさは、5段階で5になります。

②コリドラス・デュブリカレウス

黒と赤の、錦鯉のような模様が特徴の種類になります。
体調は4cm〜6cmと少し大きめで、食欲旺盛です。

エサを与えすぎるとぽっちゃりになってしまうので、注意してください。
飼いやすさは、5段階でで3.5になります。

③コリドラス・デルファックス

身体に黒いマダラ模様を宿した種類になります。
一言でいうと、カッコいいです。
ですが、ヒレに微量の毒を持っているようで、飼育の際は少し注意が必要です。

性格は、見た目と違いすごく穏やかなので、ギャップ系がお好きな方にはとてもオススメです。
飼いやすさは、5段階で3になります。

④コリドラス・アッシャー

こちらは、国産のコリドラスの種類です。
模様は茶褐色に黒いシマシマ、長い背びれがまるで
日本のサムライのようです。

性格は、他のコリドラスの種類と比べてものんびりしている為、エサを食べ遅れたりすることもしばしばあります。

1番最初に飼い始める人も多い一種になります。
飼いやすさは5段階で4になります。

コリドラスは個体によって性格なども違うため飼うと楽しい魚です。

それぞれ特徴についてトロピカチャンネル様がYouTubeで動画をあげられていますのでご紹介させて頂きます。

コリドラス飼育は簡単か

通常熱帯魚ショップなどで販売されている種類は割と飼育しやすいと思います。

水質や温度・水の流れなどに気を付ければ誰でも簡単に飼育できると思います。

また種類によっては攻撃性があったり、水質に弱くストレスを感じやすいなどするので混泳する魚の種類に気を付けたりするなど対策したらよいかと思います。

コリドラス・ステルバイを飼育するための環境

水合わせをしっかり行い、ヒーターで温度を一定に保っていれば難しいことはないと思います。

水質は弱酸性〜中性が適しているので床材は田砂がおすすめです。

床材を掘る性質がありますのでパールグラスやグロッソなどの絨毯系水草は基本的に難しいです。

餌はコリドラス専用のタブレット状のものが良いでしょう。私はコリドラス専用をメインに時々プレコ用のタブレットを適宜割って与えています。

体長は約5センチほど、メスだと8センチまで育つこともありますので最低でも45cmサイズ水槽、増殖も視野に入れるなら60cmサイズ水槽を用意して下さい。

コリドラス・ステルバイの飼育方法

最初の水合わせが最も重要になりますので、焦らずゆっくり慣らしてあげて下さい。

Ⅰレイアウト・環境の注意点

どうしても絨毯系の水草を入れたい場合は、ウィローモスを流木や木化石に活着させると良いと思います。また、床材は厚めに敷いておくと砂掘りで差し込んだ水草が抜けてしまう事も減らせるのでお勧めです。

コリドラスは警戒心は弱いものの身を隠せる場所を作ってあげたほうがストレスが少なく元気に育ってくれます。

水温が下がると弱ってしまいますのでヒーターが正常に稼働しているかチェックをしてください。これは安全のためにも重要になります。

Ⅱ濾過フィルターの注意点

水浄化用フィルターの種類は問いませんが、フンを結構する魚なので底面濾過はリセットのサイクルが短くなる場合があります。底でのんびり寛いでいることが多いので水流は弱めが望ましいと思います。

Ⅲ餌やりの注意点

赤虫も好んで食べますが、水を汚しやすくプラナリア発生の原因にもなります。特にプラナリアは一度発生したら水槽リセット以外で根絶することは非常に難しいので、赤虫を与えることは個人的にはあまり勧めません。

身体やヒゲを傷つけないよう丸みのある床材を敷いてあげ、水換え時にプロホースなどで床材の掃除をしていれば病気になることを防げます。

Ⅳ産卵したら

増殖は比較的容易ですが、卵をそのままにしておくと食べてしまうので産卵後、速やかに卵を保護・隔離してください。
保護した卵は隔離ネットに入れて浮かせておけば孵化してくれるので別途水槽を用意しなくても大丈夫です。

こちらもおすすめ!コッピー(アカヒレ)ってどんな魚?飼育方法とは

コリドラス・ステルバイの混泳について

コリドラス・ステルバイは熱帯魚の中でも比較的飼育しやすく増殖も可能な魚です。また、寿命も3年〜5年位と長生きしてくれるので愛着を持って飼育することが出来る魚です。

生息域が近い淡水エビとの相性を心配される声もちらほら見かけますが、エビを捕食するようなこともイジメるようなこともありませんので混泳は可能です。

他の魚との混泳も問題なく出来ますが、ネオンテトラなど他の魚に餌を横取りされることが多々あります。あまり餌が行き渡らない場合は消灯時にコリドラス用の餌を与えるようにすると良いです。

コリドラス飼育で失敗から学んだこと

最初に飼育したコリドラスパンダ3匹が水質が合わず、すぐにダメになってしまい、いろいろ水質や環境を見直してコリドラスジュリー3匹とステルバイを1匹現在飼育しておりますが、1年以上は経過したので今のところ水質も安定していると思います。

種類によって少しストレスに弱かったりもするのであらかじめ魚の生態を調べたりすることは重要だと感じました。

コリドラスは「水底のダイソン」と呼ばれてあるだけあり、とても食欲旺盛です。
それを知らず、他の種類のものと一緒の水槽で飼っていた際、他の種類の魚が衰弱してしまうというケースがありました。

ですので種類にもよりますが、なるべく同じ水槽でたくさんは飼育しないのがオススメです。

まとめ

ステルバイに限らずコリドラスは温和な性格で非常にマイペースな子が多いです。

コリドラスは表情も人間味があって愛らしく穏やかで買いやすい熱帯魚です。

通常の熱帯魚とは違ってそんなに派手さはありませんが、一度買い始めると面白くたくさんの種類もあるのでとても魅力的な魚だと思います。コレクションとして飼うのもおすすめです。

値段も比較的安いので、自分の好きな種類との出会いを楽しんで下さい。

普段は水槽の底でじっとしているのであまり動きませんが、何を考えているのかわからない感じがまたかわいいです。

中国語で鼠魚と書くようにすこし鼠っぽい感じがあります。

初心者でも割と買いやすくほかの魚とも混泳しやすいのでこれから熱帯魚を買うひとにはおすすめです。

自由気ままに水槽内で寛ぐ姿はとても愛らしく個体ごとの特徴も出やすいので名前をつけて愛情を注ぐことも可能です。

まだ飼育した事がなければ是非、一度は水槽の一員として迎えてみては如何でしょうか。